シュラフ

トール NEO

登山 - 北極探検 - 真冬のクライミング
-40°F/ -40°C
Valandre トール NEO

トール NEO

ヒマラヤの冬の夜の厳しい寒さに耐えることは、登山家たちにとっては大きなチャレンジですが、彼らはシュラフに-45℃の寒さから命を守ること以上の何かを求めています。

これはもちろん、正しく眠り、痛む体を回復させてくれるシュラフの構造と品質に左右されるます。

高山でのどんな冒険も、暖かい快適な寝床でゆっくり眠ることが成功の鍵となります。Thorは、極限の温度と厳しい条件下で快適に眠るということに対してヴァランドレが出した答えです。

Thor NEOは、体形に合わせたバッフル構造という基盤をShocking Blueから受け継ぎ、これまで実証されてきたフットボックス、ドラフトカラー、フードなどを特徴としています。プロのテスターや経験豊かなアウトドア・登山愛好家たちは皆、Shocking Blueの快適に使用できる限界の温度を-20℃~-25℃であるということに同意しています。

Shocking Blueの成功に伴い、当社では、内部のゆったりしたボリュームをそのままに保つという提案を受け入れつつ、バッフルの高さとダウンの封入をShocking Blueより60%アップしました。総重量と収納サイズを以前と変わらぬようにするため、ファスナーの長さは175cmから135cmに縮小しました。

その結果、内部がゆったりとして、-40℃~-45℃の寒さでも登山家に暖かさをもたらすシュラフとなりました。また、当製品は、ハイテク技術が投入されたフットボックス、ドラフトカラー、フードが特徴で、羽毛の重量は1240g、総重量はたったの1870gです。

「大きいことはいいことだ」ということわざ通りのモデルとなりました。

Comfort : -40°F/ -40°C
表地 : 100% ナイロン66のリップストップポリアミド生地 40.7g/m2 DWR treatment
Asahi-KASEI
裏地 : 100% ポリエステル 40.8g/m2 DWR treatment
Asahi-KASEI
コンパートメント :

29個のボックス(トップとボトムが分離されている)。ヴァランドレ社の中で、唯一斜めに合わせたボックスを使用。アナトミカル(解剖学的)形状で第一世代チューブラーシステムを採用。

ダウンの品質 :

フランスの南西で取れた私たちの95/05n ”ファッティ” グレーグースダウンを使用。

他では存在しない成熟したダウン品質で、そのフィルパワーは800+ (EU基準)850+(US基準)です。

耐久性に長けており(長持ちする強いダウン)、すばらしい耐湿性も備わっています

✔ METRIC ✔ IMPERIAL
S M L
Length(out) 200cm 78.7in 215cm 84.6in 230cm 90.6in
Length(in) 170cm 66.9in 185cm 72.8in 200cm 78.7in
肩周り 143cm 56.3in 153cm 60.2in 164cm 64.6in
ヒップ 131cm 51.6in 140cm 55.1in 150cm 59.1in
足周り 87cm 34.3in 93cm 36.6in 99cm 39.0in
Compressed Volume 15.5 L 945 in3 16.0 L 976 in3 16.5 L 1006 in3
重さ合計 1.75kg 3lb 13oz 1.87kg 4lb 1oz 2.03kg 4lb 7oz
羽毛の重さ 1.16kg 2lb 8oz 1.24kg 2lb 11oz 1.33kg 2lb 14oz
最後のコメント | コメント